FXはレバレッジこそ最大の魅力

FXでは証拠金という形でお金をFX業者に預けることによって、証拠金の何倍もの金額で取引することができます。これを一般的にレバレッジと呼びます。簡単に言ってしまえば、少ない元手からでもその何倍もの大きな金額での取引ができるということになります。

 

なぜレバレッジが可能なのかというと、FXが差金決済だからです。仮に100万円購入したとします。その後レートが上がって、100万円分を売ると上がった分の差額が収益ということになります。実際に受け取るのはこの収益分の差額だけになりますので、少ない金額からでも取引ができるようになるのです。レートが上がるにしろ下がるにしろ、実際に動くのは差額分だからこそのシステムといえるでしょう。

 

一般的にレバレッジは「最大レバレッジ○○倍」といった記載をされるのですが、基本的に個人であれば最大でレバレッジ25倍までの取引が可能になります。レバレッジ25倍といわれると、それだけでも大きな金額が動きそうな印象を受けるかもしれませんが、実際には逆です。というのも、レバレッジ25倍というのは、取引したい通貨の25分の1の証拠金で取引ができるということなのです。取引ができる最低通貨単位というのは、それぞれのFX業者で異なってきます。

 

資金が少ない状態でFXを始めようとしている方にとって、レバレッジというのは取引の可能性を広げてくれるシステムなのです。個人の場合には少ない証拠金でも最大で25倍の取引ができるのです。しかも、レバレッジというのは取引の可能性を広げてくれるだけではなく、利益率も高めてくれます。レバレッジ10倍だったら利益率も10倍、レバレッジ25倍だったら利益率も25倍になります。極貧生活を送っていた方が一気にセレブ生活を送れるようになる可能性だってあるのです。

 

このようにFXにおけるレバレッジというのは最大の魅力といっていいでしょう。しかしながら、注意しておきたいのがメリットばかりではないということです。というのも、少ない資金で大きな取引をして、利益率もアップというのではあまりにも都合が良すぎます。FXにおいてはもちろん損をすることもあるのですが、レバレッジというのは損益も大きくしてしまうシステムでもあるのです。レバレッジが大きければ大きいほど、利益率も上がりますし、損失率も大きくなるのです。そのため、初心者がいきなりレバレッジ25倍で取引をするのは得策ではありません。様子を見ながら進めていきましょう。